心配なビタミンA過剰摂取。ベルタ葉酸サプリは大丈夫?

栄養素はただたくさんとれば良いという訳ではありません。
ベルタ葉酸サプリを飲もうかなという方の中には、葉酸の過剰摂取の危険性があるということを聞いたことがある人もいると思いますが、同じように過剰摂取について心配がある栄養素があるということはご存知ですか?
実は葉酸よりもさらに過剰摂取が心配な栄養素がビタミンAです。

 

ビタミンAはどうして過剰摂取に心配があるのでしょうか?
ビタミンAについてちょっと調べてみることにしました。

 

ビタミンAはどのくらいが目安量?

 

ビタミンAについては、他の栄養素に比べるとかなり細かい目安量が設定されています。
その目安量ですが、このようになっています。

  • 1歳まで 1,000から1,300 IU
  • 5歳まで 1,000 から 1,500 IU
  • 6歳から8歳まで 1,200 IU  
  • 9歳から14歳まで 1,500 IU
  • 成人男性であれば 2,000 IU
  • 成人女性であれば 1,800 IU
  • 妊婦さんの場合  3,200 IU

 

ちなみに、過剰摂取と呼ばれるのは一日5,000IUです。

 

ビタミンAは皮膚のビタミンと呼ばれることもありますし、目のビタミンと呼ばれることがあります。
皮膚や粘膜を乾燥から守り、夜盲症を防ぐ効果や成長障害を防ぐ効果、実は胎児の奇形を防ぐ効果もあります。

 

ですが、ビタミンAを摂りすぎると大人の場合にはめまいがしたり吐き気などが出ることがあり、さらに中枢神経に影響が与えられ、肝臓の異常や骨や皮膚にも異常が出てくることがあるんです。
子どもがビタミンAを摂りすぎると、成長段階の頭蓋内や骨に異常が出ることがあるんです。

 

妊娠中の女性がビタミンAを取り過ぎた場合には、お腹の中の赤ちゃんに異常が出てくることがあります。
それは目に見える異常、胎児奇形と呼ばれる異常です。

 

代表的な奇形に口唇口蓋裂があります。
この口唇口蓋裂は、唇に裂け目が出来てしまうという先天性異常ですが、その奇形の度合いというのはとても様々です。
重度の口唇口蓋裂の場合には鼻まで亀裂が入ってしまうということもあります。
産まれてすぐに形成外科での手術が必要で、長く外科的な治療が続きます。

 

また、心臓や血管などに異常が起きてしまったり、目や耳などにも異常をきたしてしまうということもあります。

 

妊婦さんの場合、とくに妊娠してから妊娠3ヶ月までにビタミンA過剰摂取を起こさないようにしなければなりません。
この時期は特に身体の器官を形成する時期に当たりますので、ビタミンA過剰摂取の影響が胎児に撮っとも出やすい時期になるからなんです。

 

ベルタ葉酸サプリにはビタミンAが入っているけど大丈夫?

 

ビタミンAは葉酸のようなビタミンB群とは異なり、脂溶性のビタミンで、過剰摂取をすると身体に溜まってしまいます。
そのため、過剰摂取は絶対に注意しなければいけません。

 

ベルタ葉酸サプリは葉酸以外にもさまざまな栄養素が入っていますが、チェックしてみるとビタミンAについてもしっかりと含まれています。
もしかしたら過剰摂取になってしまうかも。
という気持ちが出てきてしまう事もありますよね。

 

では、ベルタ葉酸サプリに含まれているビタミンAはどのくらいの量が入っているのでしょうか?

 

ベルタ葉酸サプリには0.6μgという量の葉酸が含まれています。
IUという単位と異なるので、これでは分かりにくいですよね。
1IUは0.3μgと同等になります。
つまりベルタ葉酸サプリには2IUのビタミンAが含まれているということになります。

 

一般の女性の場合には1,800IU、妊娠中の女性は3,200IUですから、ベルタ葉酸サプリの2IUは非常に低い値ということが分かってきます。
つまり、ベルタ葉酸サプリにはビタミンA過剰摂取の心配は全くありません。

 

またベルタ葉酸サプリと同じ位人気がある美的ヌーボという葉酸サプリですが、実はこちらはビタミンAの量が625μg入っています。
625μgというのは2083IUということになります。
ビタミンAの摂取を心がけているという方にとっては、ちょっと過剰摂取については心配が出てくるかもしれませんね。

 

補足になりますが、ビタミンAは動物性のレチノールと植物性のカロテノイドがありますが、カロテノイドはプロビタミンAと言われていて、実は身体の中でビタミンAが不足している時にだけビタミンAに変化するという性質があります。
ビタミンA過剰摂取を考える時、実は野菜などの植物から摂取されるプロビタミンAについては問題にならないため、野菜を摂取した時のビタミンA相当のプロビタミンAについては、過剰摂取の心配はありません。

 

妊娠中は鉄分不足を心配してレバーなどを積極的に食べた方が良いということで動物性のビタミンAであるレチノールを過剰摂取してしまうという可能性があるといわれています。レバーやうなぎ、あなご、卵黄などにはビタミンAは多く含まれていますので、これらの食材の食べ過ぎには注意が必要と言われています。
特にレバーなどの肝臓の食材(フォアグラやあん肝などの肝臓加工品)は他の食材に比べても非常にレチノールの量が多いので気を付ける必要がある食材といわれています。

 

基本的にはビタミンAは葉酸ほど摂取が難しいという栄養素ではないので、サプリメントから摂取する必要はあまりないんですよ。

こちらの記事も参考にしてみてくださいね^^